【お試し読み】人をダメにするちょいブスのネタバレを読んだ感想をまとめました。

人をダメにするちょいブス〜ネタバレとあらすじ

 

縛り上げられた主人公が嫌らしく蠢く男の指先が肢体を這う。

「あぁっ、あ、嫌ぁ……っ」

 

何人もの男たちに犯され、粘膜が赤く腫れ上がる。

それでも許されず、また太い肉棒が挿入された。

 

【人をダメにするちょいブス】

顔40点、身体120点の彼女

<<この漫画の無料のお試し読み>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画のネタバレ・ストーリー

これは、パチンコ屋でのエロい漫画です。

 

主人公は、以前はよくパチンコをやっていました。

 

 

パチンコは、大当たりすると店員さんがやってきて、ドル箱を運んでくれます。

 

 

ドル箱を運んでくれる店員さんは、男性の場合もあるし、女性の場合もあります。

 

 

ある日、私はパチンコで大当たりしました。

 

すると、女性の若い店員さんがやってきました。

 

 

ドル箱を運ぶ時は、一瞬だけ店員さんと近くなります。

 

 

当然です、大当たり中に自分の目の前にあるドル箱を、運んでもらうわけですから。

 

 

そして、店員さんがいつものように私の目の前にある、ドル箱を両手でつかみました。

 

 

その時です、店員さんのおっぱいが主人公の左肩のあたりに、ムニュっと当たりました。いや、普通は当たりませんよ。

 

 

主人公は、パチンコの経験は何年もあるので、当たらないというのは知ってるんです。

 

 

でも、店員側から見れば、当てようと思えば当てれるのです。つまり、その店員は私のことが好きなんだ、とプラス思考にに解釈しました。その店員は、私が大当たりするたびに、何回も何回も、おっぱいを当ててきました。

 

 

これがめっちゃ気持ちいい。その日は、当たりまくりだったので、何回も何回も、おっぱいの感触を味わいました。

 

 

それと、ドル箱を運ぶ時に腕をすりすりしてくる、店員もいました。

 

 

言葉では、その状況をうまく説明しにくいんですけれど、とにかく、そういう店員もいました。

 

でも、めったにそんな事は起こらないので、そこは勘違いしないでくださいね。

 

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓